機材紹介①

【使っている機材紹介シリーズ マイク編】

ビンボーなので、機材はリーズナブルなものを大事に工夫して使っています。

まずはマイクシリーズ。


①MXL990

ワーキング・ミュージシャンのための革新的なコンデンサー・マイクロフォン

MXL990はレコーディング機器の世界では、最も目新しいマイクロフォンのひとつです。

ワーキング・ミュージシャンにとって、手の届く価格帯での始めての高品質コンデンサー

マイクロフォンであり、FETプリアンプとラージ・ダイアフラムはデジタル&アナログ

レコーディングにおいて真のプロフェッショナル・サウンドを実現します。

MXL990はFETプリアンプを搭載しラージダイアグラムを実現した、アナログ/デジタル問わずプロサウンドクオリティを提供するコンデンサーマイクロフォンです。

この革新的なコンデンサー・マイクロフォンはそのシルキーなハイエンドとタイトかつソリッドなローエンド&ミッドレンジで多くの人に驚きを与え続けています。

とのこと。結構クセがあります。あんまり使わないかも。


②RODE NT-3

スタイリッシュでモダンな NT3は最先端の技術を駆使したコンデンサー・マイクの傑作。

美しい音質はボーカル用のほかアコースティックギター、楽器類の収音に最適。

ファンタム電源(48V)及び9Vバッテリーで駆動するマルチパワードタイプなので、

ハンディレコーダーと組合せて、モバイルレコーディング用マイクとしても活躍します。

とのこと。とてもオールマイティで好きです。お気に入り。こればっかり使ってる。


③ZOOM H2

この子はまじで死ぬほど便利で、ちょっとした録音とか、デモ録音とか、集音用とか

なんでもござれ。レコーディングに使っても、味があって良い。

最近は動画制作のナレーションとか、そういうのでも使ってるけど良い。

iPhoneやスマホでとれるじゃん!と思うだろうけど、ステレオ録音ができること、

加えて全面背面の音を同時に録音できるので、ツイキャスやラジオ配信なんかにも

使えちゃうところが可愛い。グッド


④NEEWER NW1500

3,000円くらいで買ってみたマイク。でもね、そんなに悪くない。

通話用とかお話の配信とか、そういうのに使うのなら全然問題なし。

ひとまず入門用って感じで、気軽に買ってもいいんじゃないか?って代物。

blueのマイクに見た目もポップガードもクリソツ(多分パクリ)ってのもポイント。

ただし、実物は結構おもちゃっぽくてしょぼい。

micro2music

0コメント

  • 1000 / 1000