機材紹介②

【使っている機材紹介シリーズ ヘッドフォン、スピーカー編】

①audio-technica ATH-M20x

新開発の強磁力φ40mmCCAWボイスコイルドライバーを搭載し

プロの現場に耐えうる高音質を獲得。

遮音性を高める楕円形状のイヤカップを採用し長時間使用でも快適なモニタリング。

新採用のイヤパッド素材で優れた耐久性を実現。 取り回しやすく絡みにくい片出しコード。

スタジオレコーディングやミキシングに最適。

モニターヘッドホンならではの広帯域でフラットな特性で解像度の高いモニタリングを

実現します。

とのこと。安いのにすごくいい。ビンボーの味方。

個人的にはとってもフラットでいいと思ふ。軽いし、側圧も強くないから最高。

一番使ってるヘッドフォン。


②SENNHEISER HD202

ずっしりと耳に響く低音と全体的な音のバランスを絶妙に描き出す完成度の高い音質

室内用にもポータブルにも使用しやすいこだわり抜いたバランスの良い設計構造

ロープライスながらも音質にはブレがなく、演奏者の思いに忠実なゼンハイザーサウンドを

展開。超軽量ながらも素晴らしいステレオサウンドを実現

とのこと。低音が丸くて弾む感じがします。無駄な持ち上げもない感じ。

若干中域が離れて聞こえる感じも、なんかベタッとしてなくて好きです。

頭のでかい僕にはちょっとサイズが合いませんが、女の子にピッタリってことで、

もっぱらレコーディング時のボーカルや楽器録音のときのモニター用になっています。

これでミックスとかはできないけど、軽いモニターなら△。リスニングは◯。


③BEHRINGER Ms16

BEHRINGER MS16 は、コンパクトな 2 ウェイステレオスピーカーシステムです。

ホームスタジオやマルチメディアシステムを始め、楽器やボーカルのモニター用として

お使いいただけます。

1基のハイパワーアンプが 4 インチウーハと高解像ツイータをドライブ、

フロント部に取り付けられたボリュームコントローラーとベースおよびトレブルコントローラーによって、正確なサウンド調節が非常に簡単に行えるようになっています。

2 つのステレオライン入力( RCA ピンジャックおよび 1/8 インチ TRS フォンジャック)を

装備しているため、CD やMD 、MP3 などをプレイバックしながら、同時にギターやキーボードを使用することもできます。さらに 6.3mm TRS マイク入力端子をも備えているため、

ステレオトラックにあなたのボーカルをミックスすることも可能です。そのコンパクトなサイズに加えて電磁保護仕様となっているため、この 2 台はモニターやコンピューターディスプレイのそばにも問題なく設置できます。

とのこと。可もなく不可もなくって感じ。若干物足りないのはご愛嬌。

この価格帯なら割と使えるのでは??って感じ。我が家のメインスピーカー。

低音大好き!とかそういう人には向いてないかも。リスニング向きではないです。

そりゃあそうだ。これはモニタースピーカー。そういう意味では価格以上かなとは思っています。このサイズに何のためにマイク入力があるのか謎。

あと、出力がRCAってのもちょっとね。なんかあれだよね。


④Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system

我が家のテレビ、映画、ゲーム用のスピーカー。

なんだけど、これね、めっちゃいい。すっごいいい。ものすごいいい。

くっそお気に入り。やばい。大好き。安いのにすごい。迫力アップ。

小さいのに、まとまった音が出ます。ちゃんとBOSEの音がする感じ。

0コメント

  • 1000 / 1000