アビガシ始動!

23歳頃かな??空蝉日和というユニットを解散して以来、長いことサポートや

裏方に徹してきた僕にとっては、自分もメインになるという状況は

なかなかむず痒いものでした。


サポートする時って、自分を出しすぎずにアーティストさんの世界を脚色するというか

そういうところを大事にしていたのだけれど、このアビガシは自分のユニットなので、

100%自分が出せる。それってすごい。


自分がまさかまたユニットを組むなんて正直夢にも思っていなかったので、

ブランクがある自分としてはなかなか戸惑いの日々です。

サポートでステージ立ってたじゃん!言われるかもしれないけど、なんだろう、

違うのよね感覚が。


いままで長いことサポートしてた優那やJUNのお陰で、ギターを手放さないでいられたことにも感謝だし、この機会を作ってくれたivyにも感謝でいっぱいです。


先日のライブでHELLsyさんが、『先輩バンドが頑張ってくれているお陰で、幾つになっても辞めようって思わない』『バンドには夢がある』『自分は音楽があるから社会にいることが出来る』って言ってて、そうだよなぁ、そうなんだよなぁって思えたりして。


形は違っても、僕の先輩方もみんな自分達のフィールドで輝いている人が多いよなって

改めて再確認もできました。

自分の好きなこと、やりたかったこと、この歳になっても追いかけたっていいよなって

なんだか素直に思えました。


生粋のダメ人間なので、迷惑をかけることも多い僕ですが、

今胸を張って好きなことをしているんだ!とこれから思える気がします。

結局俺、音楽やりたかったんだね。こうやって。


自分で歌ったり、自分の曲披露したりは、やっぱりとても気分がいいことだった。

最高のパートナーにも恵まれたところで、札幌に今一度新しい風を呼び込めるように

頑張りたい、いや、楽しみたいと思います。


アビガシウェブサイト
http://artist.aremond.net/abigashi/

0コメント

  • 1000 / 1000